ひどい虫歯と歯槽膿漏 治療例8

ひどい虫歯の治療例(43歳男性)

治療前

若い頃から虫歯ができやすく、小学生の時から歯科医院通いが絶えなかったのですが、社会人になって仕事が忙しくなると、歯科医院へ行く時間がなくなってしまいました。

そして、今まで治療した銀の詰め物や被せ物が取れても、神経を抜いている歯が多かったため、そのまま放置してしまうようになったのです。

ところが、そんな事を続けていたため、気が付いた時には、ほとんどすべての奥歯が根だけになってしまい、食事はほとんど飲み込むような状態になってしまいました。

そして、噛まないで食事をしていたため、胃の調子も悪くなり、体調もすぐれなくなってきたため、歯を治さないといけないと思い直し、受診されました。

お口の中を拝見すると、虫歯だけではなく、歯槽膿漏も進行している状態で、特に奥歯は歯がほとんど残っていませんでした。

ただ、診査の結果、歯の根は健康な部分が残っていたため、根の治療やクラウンレングスニングを行い、出来るだけ抜かないで治すことにしました。


治療後

治療後の写真です。

すべての歯にクラウンレングスニング処置を施し、健康な根の部分を歯茎の上に露出させて、根の治療を行い、土台を立て、被せ物を作りました。

一本ずつの歯があまり強い歯ではなかったため、すべての歯をつないで固定させています。

 

また、パーフェクトペリオとプラズマレーザーでの虫歯菌と歯周病菌の完全殺菌を行ったことによって、歯槽膿漏の状態も良くなりました。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

ひどい歯槽膿漏,お悩み,無料,相談

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。

重度歯周病,ドクター天野

天野歯科医院院長 天野聖志
 

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

天野歯科医院の情報