ひどい虫歯と歯槽膿漏 治療例5

ひどい虫歯の治療例(33歳女性)

治療前

全体的にひどい虫歯と歯槽膿漏で、いらした方です。

一見すると、上顎はすべて抜歯して、総入れ歯しか方法がないように思えますが、レントゲン写真の診査では、歯茎の中に残せそうな歯の根がまた沢山残っていたので、出来るだけ歯を抜かずに、治すことにしました。


治療後

すべての歯の歯茎の処置と根の治療を行い、土台を立てて、差し歯を作った状態です。 一本ずつの歯があまり強い歯ではなかったため、すべての歯をつないで固定させています。

向って左側の糸切り歯は、生えている位置がよくなく、見栄えがあまり良いとは言えませんが、患者さんが、これ以上歯を抜くことはしたくないとのご希望だったので、他の歯とつなぐことはせず、単独で差し歯を作りました。

また、パーフェクトペリオとプラズマレーザーでの虫歯菌と歯周病菌の完全殺菌を行ったことによって、歯茎の調子も良くなりました。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

ひどい歯槽膿漏,お悩み,無料,相談

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。

重度歯周病,ドクター天野

天野歯科医院院長 天野聖志
 

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

天野歯科医院の情報