ひどい虫歯と歯槽膿漏 治療例4

ひどい虫歯の治療例(41歳男性)

治療前

全体的にひどい虫歯と歯槽膿漏で、いらした方です。

奥歯は歯の原型がほとんどなく、噛み合わせも極端に低く、口を閉じていても、お顔が少し歪んで見えるほどでした。

写真で見ると、上顎はほとんど絶望的な状態にも見えますが、診査の結果、歯茎の処置やクラウンレングスニングを行い、出来るだけ抜かないで治すことにしました。

また、上下の歯を全体的に治すことによって、噛み合わせの高さを高くして、正常な噛み合わせにすることにしました。


治療後

治療後の写真です。

すべての歯の歯茎の処置と根の治療を行い、土台を立てて、すべての歯をつないだ差し歯を作っています。

また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りました。

噛み合わせの高さが良くなったので、お顔のバランスも少し良くなったようです。

またパーフェクトペリオとプラズマレーザーにより、歯周病菌と虫歯菌を完全に殺菌しましたので、歯槽膿漏も完治しました。

治療後はご自宅でパーフェクトペリオのうがいを続けていただくことで、良い状態を保っています。

ひどい歯槽膿漏,お悩み,無料,相談

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。

重度歯周病,ドクター天野

天野歯科医院院長 天野聖志
 

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

天野歯科医院の情報