重度歯周病(ひどい歯槽膿漏)と全身疾患

重度歯周病と全身疾患の関係

疲労がたまっていたり、ストレスを感じる状態が長く続いたりして体調が悪いときに、歯茎がうずいたり腫れたりしたことはないでしょうか?

 

実は、歯周病や歯槽膿漏に代表されるお口の病気と全身の免疫力は密接に関係しています。

 

歯周ポケット内に入り込んだ細菌や、細菌の出す毒素、酵素、また炎症が起きることで出される物質が、血管やリンパ管を通って全身の循環系に行きわたり、動脈硬化や心臓系疾患、さらには脳梗塞にまで関連し、妊娠時には早産にまで影響を及ぼすことが分かっています。

 

また、全身の健康状態も歯槽膿漏に影響を与えています。歯槽膿漏を進行させるものとして、糖尿病、喫煙、肥満、骨粗鬆症が挙げられます。

重度歯周病とさまざまな全身の疾患との関係

重度歯周病と心臓病(細菌性心内膜炎)

 

歯周病菌が、心臓をとりまく太い血管に血栓を作ったり、血管壁を傷つけたりすることが分かっていることから、歯周病患者は健康な人に比べて心臓病にかかる危険度が2倍程度高いとされています。症状が重度であるほど、心臓病にかかる危険度が高まります。

重度歯周病と胃潰瘍

 

歯周病が原因で歯が痛むなどしてものが十分に噛めなくなると、どうしても食事を飲み込むことになってしまいます。そうすると胃に相当の負担がかかり、胃潰瘍になってしまう場合があります。

いったん糖尿病になると感染症への抵抗力が落ち、ほかの病気にもかかりやすくなります。血流の障害により口の中でも歯肉の血管が弱り、感染に抵抗する力も低下してしまい、さらに歯周病も進行してしまいます。

重度歯周病と誤嚥性肺炎

 

お年寄りの死亡原因の第1位が「肺炎」ということをご存知でしょうか。中でも誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、お口の中にいた細菌が誤って肺の中に落ちてしまい、炎症をおこすものをいいます。

 

誤嚥性肺炎の患者の肺から歯周病原因菌が多く見つかっていることから、歯周病と肺炎には密接な関連性があることが分かってきています。

口腔癌(舌癌、歯肉癌、頬粘膜癌)

 

口腔癌は歯科医師によって発見されることがもっとも多い病気と言われます。統計によると、口腔癌が発見されるのは一般の歯科医院がもっとも多く、全体の40%、総合病院内の歯科で発見されるのが20%となっています。

重度歯周病と低体重児出産

 

妊婦が歯周病にかかっていると、早産になる可能性が高いことが報告されています。

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。