GESクラウン

歯茎が黒くならないブリッジ ゴールドエレクトロフォーミングシステムクラウン

ゴールドエレクトロフォーミングシステムクラウン

電気メッキの技術を応用して、裏打ち用の金属を純金で作った差し歯のことです。

 

従来の差し歯に比べて、歯との適合が良く、合金を使っていないので、合金中に含まれる銀イオンによって歯茎が黒くなってしまうことや、歯茎の退縮が起きません。

表はもちろんのこと、裏にもまったく金属色が出ませんので、一見しても差し歯とはわかりません。

GESクラウンを使った治療例

GESクラウンによる治療前

従来の裏打ちに合金を使った差し歯です。

 

裏側には金属が見える部分が存在します。

GESクラウンによる治療後

GESクラウンに変えた後です。

 

裏も金属色はまったく見えません。

 

左画像では分かりにくいのですが、歯茎の色も改善されています。

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。