治療例2

ひどい虫歯の治療例(27歳女性)

治療前

ひどい虫歯でいらした方です。この方は、なるべくご自分の歯を残して治療したいというご希望がありました。

 

 

ご覧になった通り一見する限りでは、ほとんどの歯を抜いて入れ歯にしなければならないと予想される状態でした。しかしながら幸いにもレントゲン診査などの診断の結果、前歯の曲がっている歯も含め抜歯しないで治療できそうなことがわかりました。

治療後

右が治療後の写真です。

残念ながら治療を進めていくと、2本の歯は抜歯になりましたが、その他はすべて抜歯しないで治療することが出来ました。すべての歯にクラウンレングスニングと神経の治療を行い、土台を立てて、右上の犬歯以外の歯をブリッジ式の差し歯で繋ぎました。ジルコニアオールセラミッククラウンを使ったので、金属も全く見えません。

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。