重度歯周病(ひどい歯槽膿漏)の原因5

糖尿病による歯周病・歯槽膿漏

歯周病・歯槽膿漏は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多い、という疫学調査が複数報告されています。

 

なぜ、糖尿病の人は歯周病・歯槽膿漏になりやすいのでしょうか。まだこの詳細な仕組みは解明されていませんが、血糖値が高い状態が続くと、体の免疫機能が低下してさまざまな感染症にかかりやすくなったり、糖分を多く必要とする歯周病・歯槽膿漏の菌が増殖しやすくなるためではないかと考えられています。

 

さらに最近、歯周病・歯槽膿漏になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病・歯槽膿漏と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

ひどい歯槽膿漏,お悩み,無料,相談

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。

重度歯周病,ドクター天野

天野歯科医院院長 天野聖志
 

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

天野歯科医院の情報