重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例1(50歳女性)

治療前

以前から虫歯になりやすく、1~2年に1回のペースで虫歯になっては、歯科医院で治療をする繰り返しをしていました。そして、年齢を重ねるごとに、虫歯だけではなく歯槽膿漏にもなってきてしまいました。そのため左側の歯は、歯槽膿漏で2本抜歯になってしまい……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例2(52歳女性)

治療前

若い頃から歯が悪くなりやすく、20代の後半には、下の左右の奥歯が虫歯で抜歯になってしまい、ブリッジを入れる治療を行いました。その後も、事あるごとに虫歯になり、気が付いた時には、奥歯のほとんどが虫歯で被せ物になってしまいました。そして、何回か被せ物が外れて、やり直しをするうち……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例3(45歳男性)

治療前

若い頃から、歯磨きをすると歯茎から血が出たり、歯茎が腫れたりしていたのですが、歯磨きをしっかりしていれば、ある程度治まっていたので、歯科医院への受診までには至りませんでした。ところが、40代になると……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例4(67歳女性)

治療前

60代を超えた頃から、歯茎が腫れるようになってきて、家の近所の歯科医院で歯槽膿漏と診断されました。その時には、すでに奥歯がだいぶ悪くなっていたため、右下の奥歯は抜歯になってしまいましたが……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例5(41歳男性)

治療前

子供の時に、歯科医院で虫歯治療をした時に、押さえつけられて、無理やり治療をされたのがトラウマになってしまい、それ以来、歯科医院へ行けなくなってしまいました。そのため、とにかく歯科医院へ行きたくない一心で……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例6(58歳男性)

治療前

全体的に歯茎が下がっていて、奥歯は歯が揺れているところも何本か確認できました。また、下の前歯は、何年か前に歯が抜けてしまったそうですが、人口の歯を両側に接着して、応急処置のままになっていました……

→続きを読む、動画で見る

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例7(62歳女性)

治療前

40代頃から、歯茎の腫れや出血など歯槽膿漏の症状が出てきたため、家の近所の歯科医院で、歯槽膿漏の治療を受けていました。治療と言っても……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例8(55歳男性)

治療前

若い頃から歯が悪く、30代の時にはすでに歯周病と、家の近くの歯科医院で言われていました。そして、その歯科医院の勧めもあって、定期的に歯石取りのクリーニングはしていたのですが……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例9(43歳女性)

治療前

30代の時に、結婚が決まり、結婚式の前に、以前から気になっていた歯並びを治そうと思いたちました。ただ、結婚式までには時間がなかったのと……

→続きを読む

重度歯周病・ひどい歯槽膿漏の治療例10(47歳女性)

治療前

元々、遺伝的に歯槽膿漏になりやすいようで、父母も70歳になる前に総入れ歯になってしまいました。そのため、自分は総入れ歯にならないようにと思い、定期的に歯科医院へ受診して検診をしてもらい、家でも歯磨きをしっかりするようにしていました。ところが……

→続きを読む

重度歯周病(ひどい歯槽膿漏)の治療例11

治療前

ひどい歯槽膿漏で、すべての歯がぐらぐらということで、いらした方です。また、口を閉じても、前歯が唇からはみ出してしまい、人前に出るのも恥ずかしく、外出の時には、いつもマスクをしている……

→続きを読む

ひどい歯槽膿漏,お悩み,無料,相談

重度歯周病やひどい歯槽膿漏のお悩みや治療法について、もしくは歯にまつわる全般におけるご相談や質問があれば、以下のフォームから、お気軽にメールでお知らせください。

重度歯周病,ドクター天野

天野歯科医院院長 天野聖志
 

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

天野歯科医院の情報